育毛剤

 

自分にあった育毛剤を選ぶことが大切

育毛剤には様々な種類があります。
例えば、男性専用、女性専用、男女共用、ローションタイプ、スプレータイプ、無添加育毛剤、飲むタイプ(錠剤)などなど。
まだまだ沢山の育毛剤がありますが、必ず毛が生える育毛剤は今のところありません。
そのようなものが完成すればノーベル賞をとれると言われているくらいですから。
(研究レベルでは色々と報告がされているので、数年以内に画期的なものが発売される可能性はあります。)

 

今のところ一番良いのは、自分の毛髪や頭皮の状態にあった育毛剤を使うことです。
自分の薄毛や抜け毛の原因を解消するような育毛剤を使わなければ効果は半減します。

 

例1.頭皮が汚れて毛穴が詰まっているなら、毛穴をキレイにするタイプのものを使うのが良いです。
例2.頭皮や毛穴がキレイなら、毛母細胞に影響を与えるようなタイプを使うのがよいです。

 

上に挙げた例1のタイプの人が、毛穴をキレイにせずに栄養だけを与えるタイプの育毛剤を使っても劇的な効果は期待できないでしょう。
例2のタイプの人が、毛穴をキレイにするタイプのものを使っていても、栄養を与えなければ効果は薄いでしょう。

 

この2つの例からも分かるように、自分の薄毛や抜け毛の原因を知り、それを解消するような育毛剤を使うことが大切です。

その他の情報

抜け毛の原因については、色々と分かってきているのですが、どんな原因にも必ず効く育毛剤はまだ出来ていません。 必ず効く育毛剤が出来れば、ノーベル賞ものだといわれるほど難しいようです。 そのため、今は自分の原因にあった育毛剤を使い、地道に効果を確認していきましょう。

男性の場合には、薄毛の原因にあった育毛剤を少なくとも数ヶ月は使ってみることが必要でしょう。というのは、髪の毛にはヘアサイクルというものがあり、それぞれの毛穴のヘアサイクルはずれているので、ある程度生えそろうには時間がかかるからです。

女性の薄毛対策には女性用の発毛剤を使いましょう。というのは、女性と男性では薄毛の原因が異なると言われているからです。こちらも女性の薄毛対策におすすめの育毛剤ランキングを紹介しておきます。

薄毛に悩む人は多いと思いますが、その悩みを解決している人は少ないのではないかと思います。単に育毛剤を使ったからと言って、すぐに毛が生えるとは限らないのです。薄毛にはいろいろなパターンがあります。例えば、生え際がハゲるM字と言われるもの、頭のてっぺんからハゲるものなど。これらの多くは男性型脱毛症の症状と言われています。これはDHTという男性ホルモンが原因といわれています。そのためDHTを防ぐことが大切です。そのような育毛剤を知りたいならこちら→育毛剤おすすめランキング